株式会社カービュー

スポンサーサイト


スポンサード リンク






上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MCR、R35・GT-R用のシフトパドルはステアリングに追従


スポンサード リンク






MCRからR35・GT-R用のシフトチェンジパドルが発売されました。GT-Rにはマグネシウムに本皮を巻いた美しいパドルが標準装備されていますが、それをわざわざ交換するのは何故なのでしょうか?

パドル交換の訳は?


R35・GT-Rに装備されているパドルの問題点と言えば、
   ・コラム側に装着されている
   ・一つのパドルでアップ・ダウンの両方が出来ない

と言う辺りなのかと思います。

パドルがコラムに固定されていると言う事は、コーナーリング中のようにステアリングが中立位置から回転している時に、手の位置がパドルから離れている事が考えられます。さらにGT-Rは右のパドルがシフトアップ、左のパドルがシフトダウンと言うようになっているので、左手はパドル付近にあるのに右手はパドルから離れた位置にあるコーナリング中で尚且つ加速中には、必ず右手をパドル位置に持っていく動作が必要となります。

GT-Rは加速の鋭い車ですし、またコーナリング中であればそうした余計な動作はシフトアップの遅れに繋がり、シフト時間が非常に短いと言うツインクラッチトランスミッションが持つメリットを殺してしまう事にもなりかねません。

そのような問題を解消するには、
   ・パドルをステアリングと共に回転させる
   ・片方のパドルでアップ・ダウン可能にする

の、いずれかが有効となるように思いますが、MCRが選択したのはステアリングと共にパドルも回転させる方法のようです。ニッサンが純正でそうしなかったのには、役割がそれぞれ違う左右にあるパドルの位置が変わってしまうと、走行シーンによっては誤操作に繋がりかねない等を考慮しての事だと想像しますが、サーキット走行やスポーツドライブでしたら転舵量も比較的少ないですから、パドルがステアリングの回転に追従するメリットの方が大きくなるでしょう。

追記:MCRのWEBサイトに商品の説明ページが用意され、動画による峠での操作を見る事が出来るようになっていました


MCR日記の関連記事


GT-Rネタ!
ステアリング交換
ステアリング交換2
パドル・シフト
good♪
最終TEST
発売開始


スポンサーサイト


関連エントリ


関連エントリのリストを生成中





一つ古い記事:コルベット・新型ZR-1のテスト動画。最高速は約330キロに到達!
一つ新しい記事:東名高速が全通39年を記念の、お客様感謝企画を実施

最近のエントリ

2008年12月度の人気エントリ
スーパーカーの 0-200km/h加速タイム TOP25
光岡自動車から新モデル”卑弥呼”が登場:ベースはNCロードスターRHT
ルノー・セニックにリコール【ドアミラー調整スイッチに不具合】
セバスチャン・ローブがF1に転向!?
フェラーリ 50年ぶりのワンオフオーダーメイドモデル ”SP1”
出光・ガソリン卸価格5.3円引下げ
1,200円の「阪神高速ETC年末年始おでかけパス」購入で1日高速乗り放題
ARC・チタン製の三菱エンブレム先行予約受付開始
ルーテシア、ラグナ、アヴァンタイムにリコール【イグニッションコイル不良によりエンジン停止の恐れ】
HKSが富士スピードウェイでイベント開催
クリスマスまでMINI Hot Lounge 2008がオープン
ホンダF1撤退に対するBMWグループからのコメント
ホンダF1撤退発表後の関連情報
レクサスが雪上試乗会参加者を募集中
ランボルギーニ ディアブロ・クラッシュテストの動画
ポルシェ911 次期型GT3 RSのフルヌード画像
新型Eクラスの画像が流出!?
NC型ロードスター・マイナーチェンジモデルの説明動画
ホンダF1撤退に対するチーム首脳およびバトンのコメント
イギリスで360馬力のランサーエボリューションX・パトカーを配備
バットモービルがロンドンで駐車違反を犯す
トラックバック

http://newcarnewsblog.blog41.fc2.com/tb.php/64-23d4696d
トラックバックを送信頂く際は、送信元の記事から、この記事へのリンクが必要です。

«次のエントリ  | HOME |  前のエントリ»

.

.

.

.

ブログ内検索

更新情報の取得

■RSSリーダーに登録する■
 RSSフィード







■メールで更新をお知らせ■
 メールで更新情報を受ける

.

icon
.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。