株式会社カービュー

スポンサーサイト


スポンサード リンク






上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コルベット、新型ZR-1に搭載されるLS9は638馬力、トルクは83.5キロ!


スポンサード リンク






GMによると、2009年モデルとして登場するコルベットの新型ZR-1に搭載されるエンジン「LS9」が、SAE(自動車関連及び航空宇宙関連の標準規格等を定める米国の技術者団体)による認証を受けたようです。

LS9はGM史上、最強の生産型エンジン


08年のデトロイトオートショーに姿を現した際、新型ZR-1に搭載されるエンジンは6.2リッター・V8のスーパーチャージドとしながら、SAEによる正式認証は済んでおらず、リッター百馬力以上を目標に開発しているそのエンジンの最高出力は620馬力、最大トルク82.3Kg-mとGM側がアナウンスしている状態でした。

そして4月25日、SAEによる正式な認証を受けたとのニュースリリースがGMから出され、それによるとLS9は目標を上回る、最高出力638馬力(6500rpm)、最大トルク83.5Kg-m(3800rpm)、を発揮したとの事です。

またGMは、EPA(アメリカ合衆国環境保護庁)による公式な燃費テストは終わっていないものの、LS9は600馬力オーバーを誇る市販車エンジンの中で、最も燃費効率の良いエンジンであるとの自身があるようです。


イートン・R2300型スーパーチャージャーがもたらすLS9のスーパーワイドレンジ


LS9に装着されるスーパーチャージャーは、イートン社製のツインスクリュータイプの機械式スーパーチャージャーで、その中で第6世代となる最新モデルのR2300型となります。LS9はこのスーパーチャージャーによって、2.3リッター排気量を大きくしたのと同等の恩恵を受けます。

一般に低回転域から加給が始まるとされるスーパーチャージャーですが、古くからあるルーツ型ブロアは比較的高回転域で適切な加給を得られる特性がありますが、LS9に採用されたツインスクリュータイプの機械式スーパーチャージャーは、ルーツ型ブロワーのスーパーチャージャーを発展させたものとなり、ルーツ型に対して低回転域から十分な過給が立ち上がるという、市販車に適した特性を持っているようです。

更に新型のR2300型は有効に加給される回転域を広めるなどし、これによってLS9は幅広い回転域で高いパワーとトルクを発生しています。その結果SAE認証前のコメントながら、わずか3000回転で約300馬力の出力を発揮し、トルクは1000回転で約44.3Kg-mを発生。またそれだけではなく最大トルクの9割を2600~6000回転で発揮すると言われてました。


LS9その他の特徴


チタンコンロッドやチタンインテークバルブ、アルミピストンや9.1という高圧縮化。ナトリウム封入エキゾーストバルブ、ピストンへのオイル噴射による冷却、ドライサンプシステムの採用。これらによって高回転化と潤滑・冷却による信頼性の向上など。

また、このZR-1に搭載されるLS9は、Z06に搭載されるLS7等の高性能生産型エンジンを組立てているミシガン州のパフォーマンスビルドセンターで、訓練された技術者の手にによって組み上げられる。


ニュースリリース原文


Chevrolet Announces Certified Power Ratings For The New Chevrolet Corvette ZR1: 638 Hp From The Supercharged LS9 V-8

PONTIAC, Mich. – When it was introduced at the North American International Auto Show in Detroit earlier this year, the 2009 Chevrolet Corvette ZR1’s power was estimated at 100 horsepower for each of its 6.2 liters of displacement. GM Powertrain has completed SAE certification of the ZR1’s supercharged LS9 V-8 and the results exceed the estimate: 638 horsepower (476 kW) and 604 lb.-ft. of torque (819 Nm).

The LS9’s output is nearly 103 horses per liter, or just about 1.7 horses for each of the engine’s 376 cubic inches. It is unquestionably the most powerful automotive production engine ever manufactured by General Motors and enables the Corvette ZR1 to achieve a top speed of more than 200 mph (322 km/h).

"One of the most amazing things about the Corvette ZR1 is the level of refinement that our designers and engineers have attained. Even with all that power, this car has road manners that will allow our customers to enjoy it on the streets as a daily driver, and on the track," said Chevrolet General Manager Ed Peper.

The Corvette ZR1 goes on sale this summer. Its 638-hp supercharged engine is complemented in the chassis by heavy-duty components not offered in any other model, including a six-speed manual transmission with race-hardened gears and dual-disc clutch technology that delivers exceptional clamping power and lower inertia, as well as strengthened axle components.

Fuel economy testing has not been completed, but engineers are confident the ZR1 will be the most fuel-efficient 600-plus-horsepower car on the market.

The LS9 engine is hand-built by specially trained technicians at GM’s Performance Build Center in Wixom, Mich. It is a unique, small-volume engine production facility that also builds the Chevrolet Corvette Z06’s LS7 engine and other high-performance GM production engines.

“Developing the LS9 involved more than simply striving for a great horsepower number. Endurance and reliability testing have shown the engine to be robust and low-maintenance, just like other engines in the small-block family,” said Sam Winegarden, executive director, engine engineering for GM Powertrain. “That it is distinguished as the most powerful engine ever from General Motors is a source of immense pride among everyone involved with the LS9.”

Supercharged aspiration

The key enabler of the LS9’s performance is the industry’s first production application of a new, positive-displacement Roots-type supercharger that has a unique four-lobe rotor design. Its design promotes quieter and more efficient performance, while the large, 2.3-liter displacement ensures adequate air volume at high rpm. Maximum boost pressure is 10.5 psi (0.72 bar). It is teamed with an integrated charge cooling system that reduces inlet air temperature for maximum performance.

“The combination of large displacement and the new, four-lobed rotor design broadens the effective range of the supercharger, allowing the engine to make more power at lower rpm and sustain it throughout the power band,” said Winegarden. “The low-end torque is tremendous and the high-rpm charge from the supercharger is simply amazing.”

A raised hood provides adequate clearance for the LS9, while a polycarbonate window in the hood provides a view of the engine beneath it.

LS9 details

The LS9 features many unique design and manufacturing details that support its high-performance nature. They include:

* Aluminum cylinder block with iron cylinder liners that are finish-bored and honed with a deck plate installed
* Forged steel crankshaft with a nine-bolt flange
* Titanium connecting rods and forged aluminum pistons
* Stronger, rotocast cylinder heads with 2.16-inch (55 mm) titanium intake valves and 1.59-inch (40.4 mm) hollow-stem, sodium-filled exhaust valves
* Camshaft with 0.555-inch (14.1 mm) lift for excellent idle and low-speed driving qualities
* A dry-sump oiling system with 10.5-quart (9.9 liters) capacity
* Integrated oil cooler and piston-cooling oil squirters
* Intercooler cover visible through the hood window that features ZR1-unique blue accents and “LS9 SUPERCHARGED” embossed on the left and right sides

General Motors Corp. (NYSE: GM), the world’s largest automaker, has been the annual global industry sales leader for 77 years. Founded in 1908, GM today employs about 266,000 people around the world. With global headquarters in Detroit, GM manufactures its cars and trucks in 35 countries. In 2007, nearly 9.37 million GM cars and trucks were sold globally under the following brands: Buick, Cadillac, Chevrolet, GMC, GM Daewoo, Holden, HUMMER, Opel, Pontiac, Saab, Saturn, Vauxhall and Wuling. GM’s OnStar subsidiary is the industry leader in vehicle safety, security and information services. More information on GM can be found at www.gm.com.

# # #

Specifications


LS9 6.2L SUPERCHARGED V-8

Displacement (cu in / cc):376 / 6162
Bore & stroke (in / mm):4.06 x 3.62 / 103.25 x 92
Block material:cast aluminum
Cylinder head material:A356-T6 rotocast aluminum
Valvetrain:overhead valve, 2 valves per cylinder
Fuel delivery:SFI (sequential fuel injection)
Compression ratio:9.1:1
Horsepower / kW:638 / 476 @ 6500 rpm
Torque (lb-ft / Nm):604 / 819 @ 3800 rpm
Fuel shut-off (rpm):6600
Recommended fuel:premium required
Exhaust manifolds:stainless steel
Main bearing caps:forged steel
Crankshaft:forged steel
Camshaft:hollow steel; 0.555-in (14.1 mm) lift
Connecting rods:forged titanium
Valves:intake: titanium
exhaust: hollow steel
Valve lifters:hydraulic roller
Supercharger:R2300, four-lobe “Roots” type (2.3L)
Additional features:piston oil-spray cooling; direct-mount ignition coils; 11-rib accessory drive

スポンサーサイト


関連エントリ


関連エントリのリストを生成中





一つ古い記事:トヨタ、バーチャル人体モデルにてレースカーの安全研究を実施
一つ新しい記事:コルベット・ZR-1のテスト動画、他

最近のエントリ

2008年12月度の人気エントリ
スーパーカーの 0-200km/h加速タイム TOP25
光岡自動車から新モデル”卑弥呼”が登場:ベースはNCロードスターRHT
ルノー・セニックにリコール【ドアミラー調整スイッチに不具合】
セバスチャン・ローブがF1に転向!?
フェラーリ 50年ぶりのワンオフオーダーメイドモデル ”SP1”
出光・ガソリン卸価格5.3円引下げ
1,200円の「阪神高速ETC年末年始おでかけパス」購入で1日高速乗り放題
ARC・チタン製の三菱エンブレム先行予約受付開始
ルーテシア、ラグナ、アヴァンタイムにリコール【イグニッションコイル不良によりエンジン停止の恐れ】
HKSが富士スピードウェイでイベント開催
クリスマスまでMINI Hot Lounge 2008がオープン
ホンダF1撤退に対するBMWグループからのコメント
ホンダF1撤退発表後の関連情報
レクサスが雪上試乗会参加者を募集中
ランボルギーニ ディアブロ・クラッシュテストの動画
ポルシェ911 次期型GT3 RSのフルヌード画像
新型Eクラスの画像が流出!?
NC型ロードスター・マイナーチェンジモデルの説明動画
ホンダF1撤退に対するチーム首脳およびバトンのコメント
イギリスで360馬力のランサーエボリューションX・パトカーを配備
バットモービルがロンドンで駐車違反を犯す
トラックバック

http://newcarnewsblog.blog41.fc2.com/tb.php/61-3373d9f4
トラックバックを送信頂く際は、送信元の記事から、この記事へのリンクが必要です。

«次のエントリ  | HOME |  前のエントリ»

.

.

.

.

ブログ内検索

更新情報の取得

■RSSリーダーに登録する■
 RSSフィード







■メールで更新をお知らせ■
 メールで更新情報を受ける

.

icon
.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。