株式会社カービュー

スポンサーサイト


スポンサード リンク






上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マツダ アクセラMT車にリコール【クラッチ部品破損によりシフト操作出来なくなる恐れ】


スポンサード リンク






マツダ アクセラMT車のクラッチダイヤフラムスプリングの作動ストロークの設定に問題があり、使用条件によっては当該ダイヤフラムスプリングが破損してクラッチが切れなくなり、シフト操作が出来なくなってしまう恐れがあるとして、マツダ株式会社よりリコールの届出がされました。


マツダ アクセラMT車の不具合内容と対策の概要


マツダ アクセラMT車のクラッチダイヤフラムスプリングにおこりうる不具合の内容と、その対策は下記のようになります。


クラッチダイヤフラムスプリングの作動ストローク設定が不適切なのが原因


不具合内容や原因は、クラッチディスクをフライホイールに押し付けるためのダイヤフラムスプリング作動ストロークの設定が不適切であるため、冷間時にクラッチペダルを奥まで一杯に踏み込むとクラッチダイヤフラムスプリングに過大な力が加わってしまう物があり、使用を続けるとダイヤフラムスプリングが破損してクラッチが切れなくなり、シフト操作が出来なくなる恐れがあると言う内容です。


対策内容


マツダ アクセラMT車の上記不具合に対する対策内容は下記の通りです。

・全車両、クラッチマスターシリンダーにシムを追加し、クラッチダイヤフラムスプリングの作動ストロークを規制する事で対応します。

対象車両の詳細


対象となるマツダ アクセラMT車は、平成15年9月4日~平成18年4月29日の間に制作された、計6,022台です。対象車両やその他詳細については下記、国土交通省へ届け出された資料【PDF】にてご確認ください。

マツダ アクセラMT車クラッチダイヤフラムスプリングのリコールに関する、国土交通省への各届け出資料
リコール届出一覧表【PDF】
改善箇所説明図【PDF】


その他車種の、リコール等の情報


マツダ関連


マツダ
フォードがマツダ株の一部を売却。約9680万株をマツダが取得
アテンザに2ドアクーペとカブリオレを検討中?
NC・ロードスター、マイチェン後の全姿が解る写真


スポンサーサイト


関連エントリ


関連エントリのリストを生成中





一つ古い記事:MINIのSUVモデル”クロスオーバー”のスパイショット
一つ新しい記事:ダッヂ チャレンジャーのクラッシュテスト動画

最近のエントリ

2008年12月度の人気エントリ
スーパーカーの 0-200km/h加速タイム TOP25
光岡自動車から新モデル”卑弥呼”が登場:ベースはNCロードスターRHT
ルノー・セニックにリコール【ドアミラー調整スイッチに不具合】
セバスチャン・ローブがF1に転向!?
フェラーリ 50年ぶりのワンオフオーダーメイドモデル ”SP1”
出光・ガソリン卸価格5.3円引下げ
1,200円の「阪神高速ETC年末年始おでかけパス」購入で1日高速乗り放題
ARC・チタン製の三菱エンブレム先行予約受付開始
ルーテシア、ラグナ、アヴァンタイムにリコール【イグニッションコイル不良によりエンジン停止の恐れ】
HKSが富士スピードウェイでイベント開催
クリスマスまでMINI Hot Lounge 2008がオープン
ホンダF1撤退に対するBMWグループからのコメント
ホンダF1撤退発表後の関連情報
レクサスが雪上試乗会参加者を募集中
ランボルギーニ ディアブロ・クラッシュテストの動画
ポルシェ911 次期型GT3 RSのフルヌード画像
新型Eクラスの画像が流出!?
NC型ロードスター・マイナーチェンジモデルの説明動画
ホンダF1撤退に対するチーム首脳およびバトンのコメント
イギリスで360馬力のランサーエボリューションX・パトカーを配備
バットモービルがロンドンで駐車違反を犯す
トラックバック

http://newcarnewsblog.blog41.fc2.com/tb.php/373-e0605750
トラックバックを送信頂く際は、送信元の記事から、この記事へのリンクが必要です。

«次のエントリ  | HOME |  前のエントリ»

.

.

.

.

ブログ内検索

更新情報の取得

■RSSリーダーに登録する■
 RSSフィード







■メールで更新をお知らせ■
 メールで更新情報を受ける

.

icon
.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。