株式会社カービュー

スポンサーサイト


スポンサード リンク






上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホンダ・ライフに連続可変容量タイプの新しいi-SRSエアバッグを採用


スポンサード リンク






モデルチェンジしたホンダのライフに、i-SRSエアバックと呼ばれる、容量が連続的に可変する新しいエアバッグシステムが採用されました。このi-SRSエアバッグは従来のエアバッグよりも、「早く」「やさしく」「長く」エアバッグを膨らませる事で、ドライバーの体型の違い等に起因する、運転姿勢やシートポジションの違いに対し、従来のエアバックよりも優れた保護性能を発揮する他、エアバッグ展開時の衝撃によってドライバーへ傷害を負わせるリスクを低減しているようです。


i-SRSエアバックの特徴


ホンダi-SRSエアバッグ説明サイトのスクリーンショットHonda Technology | エアバッグ誕生以来の革新を実現した運転席用 i-SRSエアバッグシステム〈連続容量変化タイプ〉

ライフに採用されたホンダのi-SRSエアバックは、エアバッグに独自の縫製を施されている他、排気制御を従来と変える事によって、連続的に容量を変化させる事で、エアバック内部の圧力が高い状態を従来のエアバッグよりも長く維持する特徴があります。



i-SRSエアバッグは独自の縫製によって徐々に展開する


i-SRSエアバッグは、エアバッグ本体に独自の縫製が施されており、展開が始まるとその縫い目がエアバッグの展開に伴って徐々に切れて行きます。これによって、展開の初期においてはエアバッグ容量を小さくできるため短時間で保護に必要な圧力に達する事が可能となり、ハンドルに近いポジションを取っている場合でもエアバッグの保護機能が有効に作用します。

一方、内部の圧力が高くなるに従って独自に施されている縫い目が順番に切れて行き、エアバックの容量が増加していく事で内圧を保ったままエアバッグの展開が続くため、ハンドルから遠いポジションを取っている場合でもエアバッグの保護機能が有効に作用します。

ホンダのi-SRSエアバックはこのような展開動作によって、従来のSRSエアバッグと比較し、内部圧力が乗員保護に有効な圧力までより早く達するだけでなく、展開後も圧力が長く保たれる事によってドライビングポジションの違いなどに対して優れた保護性能を発揮するようです。

その他の詳細は上記ホンダのi-SRSエアバッグの説明ページにてご確認下さい。i-SRSエアバッグと従来型エアバッグの展開動作の違いなどが動画付きで解り易く説明されています。


関連
トヨタが後方からの衝突に対応したエアバックを開発
日産等がエンジン内におけるオイル挙動を可視化、撮影に成功
トヨタ、バーチャル人体モデルにてレースカーの安全研究を実施
若者を事故から救うためのフォードのMyKeyシステム
シートベルト着用、後部座席も義務化【6月1日より】
トヨタ、幼児向け交通安全教室を富士スピードウェイ内のモビリタで実施


スポンサーサイト


関連エントリ


関連エントリのリストを生成中





一つ古い記事:ミカ・ハッキネン、若手の才能を育てるためにマネージャーに!
一つ新しい記事:メガウェブでiQに無料試乗しよう!

最近のエントリ

2008年12月度の人気エントリ
スーパーカーの 0-200km/h加速タイム TOP25
光岡自動車から新モデル”卑弥呼”が登場:ベースはNCロードスターRHT
ルノー・セニックにリコール【ドアミラー調整スイッチに不具合】
セバスチャン・ローブがF1に転向!?
フェラーリ 50年ぶりのワンオフオーダーメイドモデル ”SP1”
出光・ガソリン卸価格5.3円引下げ
1,200円の「阪神高速ETC年末年始おでかけパス」購入で1日高速乗り放題
ARC・チタン製の三菱エンブレム先行予約受付開始
ルーテシア、ラグナ、アヴァンタイムにリコール【イグニッションコイル不良によりエンジン停止の恐れ】
HKSが富士スピードウェイでイベント開催
クリスマスまでMINI Hot Lounge 2008がオープン
ホンダF1撤退に対するBMWグループからのコメント
ホンダF1撤退発表後の関連情報
レクサスが雪上試乗会参加者を募集中
ランボルギーニ ディアブロ・クラッシュテストの動画
ポルシェ911 次期型GT3 RSのフルヌード画像
新型Eクラスの画像が流出!?
NC型ロードスター・マイナーチェンジモデルの説明動画
ホンダF1撤退に対するチーム首脳およびバトンのコメント
イギリスで360馬力のランサーエボリューションX・パトカーを配備
バットモービルがロンドンで駐車違反を犯す
トラックバック

http://newcarnewsblog.blog41.fc2.com/tb.php/308-662712b7
トラックバックを送信頂く際は、送信元の記事から、この記事へのリンクが必要です。

«次のエントリ  | HOME |  前のエントリ»

.

.

.

.

ブログ内検索

更新情報の取得

■RSSリーダーに登録する■
 RSSフィード







■メールで更新をお知らせ■
 メールで更新情報を受ける

.

icon
.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。