株式会社カービュー

スポンサーサイト


スポンサード リンク






上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首都高でETCを利用した高速外施設が利用可能なスマートPAサービスを実験


スポンサード リンク






首都高速道路でETCの機能を活用した”スマートPA(仮称)”と呼ばれるサービスの実験が開始されます。

パーキングの無い区間においてETCと高速外施設を活用するスマートPA


スマートPAは首都高速道路のパーキングエリアが設置されていない区間において、首都高速道路外にある近隣施設やトイレを使えるようにしようというもので、ETCを活用する事によって一度首都高速道路を降りてトイレなどを利用した後、再度首都高速道路に戻っても料金が掛からず1回分の料金で利用できる仕組みです。このサービスによってパーキングエリアの無い区間におけるトイレ機能や休憩所と言ったパーキング機能の充実に繋がります。


スマートPAにおけるETCの活用方法


ETCを活用する具体的な例としては、ETCによって①首都高速からの流出を出口でチェック、②首都高速外の近隣施設(スマートPA)入口でチェックを行う事でスマートPAの利用を確認、その後、③2度目に首都高速道路へ流入する際の入口にてチェックを行い、①②③のデータを照合して条件を満たしている場合に2度目に流入した際の首都高速道路利用料金がキャッシュバックされると言うものです。


ETCを活用した「スマートPA」(仮称)サービス実験を開始します


スマートPA(仮称)の概要

首都高スマートPAのイメージ図





スマートPA、今後の予定


スマートPAは平成20年12月頃に200名程度のモニターを募集して実験を行い利用者や施設提供事業者からのフィードバックを得て、その後、平成21年2月頃から半年間、東京、横浜、埼玉地区の4カ所においてサービス実験が行われる予定となっています。今回発表された内容は上記リンク先からご確認下さい。尚、詳細は後日発表となっています。


ETC関連


NEXCO東日本でもETCレーンの通過速度超過対策が開始
首都高でのETC利用率が過去最高の84%を記録
首都高・湾岸線東行き、ETC割引適用箇所が変更に
ETC不正通行で、また逮捕者!

スポンサーサイト


関連エントリ


関連エントリのリストを生成中





一つ古い記事:タウンエース ノア等にリコール【走行中にドアが開く恐れ】
一つ新しい記事:佐藤琢磨がトロ・ロッソのテストに再び参加

最近のエントリ

2008年12月度の人気エントリ
スーパーカーの 0-200km/h加速タイム TOP25
光岡自動車から新モデル”卑弥呼”が登場:ベースはNCロードスターRHT
ルノー・セニックにリコール【ドアミラー調整スイッチに不具合】
セバスチャン・ローブがF1に転向!?
フェラーリ 50年ぶりのワンオフオーダーメイドモデル ”SP1”
出光・ガソリン卸価格5.3円引下げ
1,200円の「阪神高速ETC年末年始おでかけパス」購入で1日高速乗り放題
ARC・チタン製の三菱エンブレム先行予約受付開始
ルーテシア、ラグナ、アヴァンタイムにリコール【イグニッションコイル不良によりエンジン停止の恐れ】
HKSが富士スピードウェイでイベント開催
クリスマスまでMINI Hot Lounge 2008がオープン
ホンダF1撤退に対するBMWグループからのコメント
ホンダF1撤退発表後の関連情報
レクサスが雪上試乗会参加者を募集中
ランボルギーニ ディアブロ・クラッシュテストの動画
ポルシェ911 次期型GT3 RSのフルヌード画像
新型Eクラスの画像が流出!?
NC型ロードスター・マイナーチェンジモデルの説明動画
ホンダF1撤退に対するチーム首脳およびバトンのコメント
イギリスで360馬力のランサーエボリューションX・パトカーを配備
バットモービルがロンドンで駐車違反を犯す
トラックバック

http://newcarnewsblog.blog41.fc2.com/tb.php/301-589c4d2c
トラックバックを送信頂く際は、送信元の記事から、この記事へのリンクが必要です。

«次のエントリ  | HOME |  前のエントリ»

.

.

.

.

ブログ内検索

更新情報の取得

■RSSリーダーに登録する■
 RSSフィード







■メールで更新をお知らせ■
 メールで更新情報を受ける

.

icon
.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。