株式会社カービュー

スポンサーサイト


スポンサード リンク






上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トヨタ iQが日本・カー・オブ・ザ・イヤーを授賞


スポンサード リンク






日本・カー・オブ・ザ・イヤー 2008-2009の選考が終わり、結果、トヨタのiQが日本・カー・オブ・ザ・イヤーを授賞しました。



iQの授賞理由

主な授賞理由は、
◆主な授賞理由◆

全長3m弱というミニマムなボディに、4人乗りを可能としたパッケージング&デザイン。さらに9エアバッグを装備し、高い安全性と環境への配慮もバランスよく実現した“革新的”なFF車であることが評価された。

という内容で、時代を反映している部分も感じますが、やはりパッケージングには目を見張るものがあり、納得の結果ではないでしょうか。


iQがブッチギリのトップ

1位から11位まで各々の投票点数は下記の通りで、iQが2位以下を大きく引き離してブッチギリのトップという結果でした。

1位 トヨタiQ(トヨタ自動車)526点
2位 シトロエンC5(プジョー・シトロエン・ジャポン)223点
3位 日産GT-R(日産自動車)201点
4位 アウディA4/A4アバント(アウディジャパン)180点
5位 ジャガーXF(ジャガー・ランドローバー・ジャパン)115点
6位 ダイハツ タント(ダイハツ工業)100点
7位 フィアット500(フィアット グループ オートモービルズ ジャパン)90点
8位 ホンダ フリード(本田技研工業)62点
9位 マツダ アテンザ(マツダ)60点
10位 スズキ ワゴンR/ワゴンRスティングレー(スズキ)37点
11位 スバル エクシーガ(富士重工業)31点


その他の各賞

日本・カー・オブ・ザ・イヤー意外に、輸入車部門の「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」と「特別賞」についても発表されており、その結果は下記の通りです。


インポート・カー・オブ・ザ・イヤー

インポート・カー・オブ・ザ・イヤーはシトロエンのC5が授賞しました。受賞理由は主に次の通りです。
独自のハイドラクティヴ・サスペンションをはじめ、移動空間としてのクルマの基本性能を真面目に追及した、ヨーロッパ車ならではのセダン作りが評価された。



特別賞

特別賞は下記の3台が選ばれており、その理由などは下記の通りです。

◆日産 GT-R
新構造ハイブリッドボディ、2ペダルツインクラッチ、独立型トランスアクスル4WDなど、独自開発の装備に加え、クリーン化とパワーの両立も実現させたスーパーカーであることが評価され
た。



◆スバル エクシーガ
ドライバーだけでなく、従来の7人乗りのパッケージでは難しかった「2列目、3列目シートの同乗者全員もドライブの楽しさを共有できる」点が評価された。



◆ホンダ フリード
1.5Lのコンパクトボディで7名乗車を実現し、イニシャル&ランニングコストを含め、誰にでも手が届きやすいリーズナブルな価格設定としたことが評価された。



関連
メガウェブでiQに無料試乗しよう!
富士山ナンバーが交付開始に富士山ナンバーが交付開始に
駐車違反常習者に対し、1250日間の車両使用制限が下る
ホンダの2輪車が世界生産累計2億台を突破!
日産等がエンジン内におけるオイル挙動を可視化、撮影に成功


スポンサーサイト


関連エントリ


関連エントリのリストを生成中





一つ古い記事:NEXCO東日本でもETCレーンの通過速度超過対策が開始
一つ新しい記事:タウンエース ノア等にリコール【走行中にドアが開く恐れ】

最近のエントリ

2008年12月度の人気エントリ
スーパーカーの 0-200km/h加速タイム TOP25
光岡自動車から新モデル”卑弥呼”が登場:ベースはNCロードスターRHT
ルノー・セニックにリコール【ドアミラー調整スイッチに不具合】
セバスチャン・ローブがF1に転向!?
フェラーリ 50年ぶりのワンオフオーダーメイドモデル ”SP1”
出光・ガソリン卸価格5.3円引下げ
1,200円の「阪神高速ETC年末年始おでかけパス」購入で1日高速乗り放題
ARC・チタン製の三菱エンブレム先行予約受付開始
ルーテシア、ラグナ、アヴァンタイムにリコール【イグニッションコイル不良によりエンジン停止の恐れ】
HKSが富士スピードウェイでイベント開催
クリスマスまでMINI Hot Lounge 2008がオープン
ホンダF1撤退に対するBMWグループからのコメント
ホンダF1撤退発表後の関連情報
レクサスが雪上試乗会参加者を募集中
ランボルギーニ ディアブロ・クラッシュテストの動画
ポルシェ911 次期型GT3 RSのフルヌード画像
新型Eクラスの画像が流出!?
NC型ロードスター・マイナーチェンジモデルの説明動画
ホンダF1撤退に対するチーム首脳およびバトンのコメント
イギリスで360馬力のランサーエボリューションX・パトカーを配備
バットモービルがロンドンで駐車違反を犯す
トラックバック

http://newcarnewsblog.blog41.fc2.com/tb.php/299-0b343514
トラックバックを送信頂く際は、送信元の記事から、この記事へのリンクが必要です。

«次のエントリ  | HOME |  前のエントリ»

.

.

.

.

ブログ内検索

更新情報の取得

■RSSリーダーに登録する■
 RSSフィード







■メールで更新をお知らせ■
 メールで更新情報を受ける

.

icon
.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。