株式会社カービュー

スポンサーサイト


スポンサード リンク






上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日産等がエンジン内におけるオイル挙動を可視化、撮影に成功


スポンサード リンク






日産自動車が世界で初めてエンジン内部におけるオイルの挙動を可視化し、それを撮影する事に成功しました。この技術は日本原子力研究開発機構と共同開発を始めたもので、エンジン内部のオイル挙動を始め、オイル潤滑が行われている部位のオイル挙動を可視化し、オイルに起因するフリクションロスの要因を明確にする事で、自動車の低燃費化、CO2排出量の削減が進む事に期待出来ます。


エンジン内部の潤滑オイル挙動を高速度撮影した写真日産自動車と原子力機構、
世界で初めてエンジン内部の潤滑オイル挙動の高速度可視化技術共同開発を開始
-CO2排出量削減に向け、低燃費エンジン開発を加速-


エンジンを例にすると、クランクケース内に飛散しているオイル飛沫をクランクシャフトが叩く現象はフリクションロスの一例とされていましたが、従来では高回転時のエンジン内部を撮影し、エンジンオイルが示す複雑な挙動を把握する技術は、可視化と言う面でも、シミュレーションという面においても確立されていませんでした。


低フリクション化が進む事に期待


エンジン内部におけるオイル挙動に不明な部分があったと言う事は、フリクションロスとなる要因も全てが明らかで無かった事を意味しますが、反対にフリクションロスを更に低減して、更なる低燃費化、CO2の削減が出来る余地が残っている可能性があるともいえます。

今回発表されたエンジン内部等のオイル挙動を可視化出来る技術は、内燃機関の更なる高効率化の足がかりを掴む1つの技術になる事を期待します。尚、詳しい内容は上記、日産のプレスリリースにてご確認下さい。


関連
次期型マーチには3気筒がある?
燃費が良くなるタイヤ、ヨコハマ・Earth-1
GMのハイブリッドカー攻勢

スポンサーサイト


関連エントリ


関連エントリのリストを生成中





一つ古い記事:首都高でのETC利用率が過去最高の84%を記録
一つ新しい記事:新型フェアレディZのニード・フォー・スピード:アンダーカバー動画

最近のエントリ

2008年12月度の人気エントリ
スーパーカーの 0-200km/h加速タイム TOP25
光岡自動車から新モデル”卑弥呼”が登場:ベースはNCロードスターRHT
ルノー・セニックにリコール【ドアミラー調整スイッチに不具合】
セバスチャン・ローブがF1に転向!?
フェラーリ 50年ぶりのワンオフオーダーメイドモデル ”SP1”
出光・ガソリン卸価格5.3円引下げ
1,200円の「阪神高速ETC年末年始おでかけパス」購入で1日高速乗り放題
ARC・チタン製の三菱エンブレム先行予約受付開始
ルーテシア、ラグナ、アヴァンタイムにリコール【イグニッションコイル不良によりエンジン停止の恐れ】
HKSが富士スピードウェイでイベント開催
クリスマスまでMINI Hot Lounge 2008がオープン
ホンダF1撤退に対するBMWグループからのコメント
ホンダF1撤退発表後の関連情報
レクサスが雪上試乗会参加者を募集中
ランボルギーニ ディアブロ・クラッシュテストの動画
ポルシェ911 次期型GT3 RSのフルヌード画像
新型Eクラスの画像が流出!?
NC型ロードスター・マイナーチェンジモデルの説明動画
ホンダF1撤退に対するチーム首脳およびバトンのコメント
イギリスで360馬力のランサーエボリューションX・パトカーを配備
バットモービルがロンドンで駐車違反を犯す
トラックバック

http://newcarnewsblog.blog41.fc2.com/tb.php/295-ffb91bf8
トラックバックを送信頂く際は、送信元の記事から、この記事へのリンクが必要です。

«次のエントリ  | HOME |  前のエントリ»

.

.

.

.

ブログ内検索

更新情報の取得

■RSSリーダーに登録する■
 RSSフィード







■メールで更新をお知らせ■
 メールで更新情報を受ける

.

icon
.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。