株式会社カービュー

スポンサーサイト


スポンサード リンク






上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウディTT、クラブスポーツ・クワトロの生産型か?


スポンサード リンク






2007年の5月に南オーストリアで開催された第26回ヴォルターゼーツアー公開され話題を呼んだ、アウディのコンセプトモデル、アウディTTクラブスポーツ クワトロ スタディの生産型プロトタイプと思われる車両が捕らえられたようです。


Spy Shots: Production Audi TT Clubsport Quattro
-autoblog
アウディTTクラブスポーツ・クワトロの生産型と思われる写真
When Audi debuted the TT Clubsport Quattro Concept at the Wörthersee 2007 enthusiast meet last May, it was officially a design study. Apparently some folks at Audi determined that the concept was worth studying further, as spy photographers have captured what appears to be a production version based on the current TT.
上の写真が今回捉えられたTTクラブスポーツ クワトロ。写真のTTクラブスポーツが量産型と思われる理由については、2007年に登場したTTクラブスポーツ クワトロ スタディに対し、

  ・フロントスクリーンが天地方向に拡大されている事
  ・Aピラーが太くなっている事
  ・ドアミラーの大型化
  ・常識的なドアハンドルの追加
  ・シート後方に設置されるロールバーの大型化(高さ)
  ・フロントグリル内のナンバープレート設置スペースの設定
  ・フォーシルバーリングをグリル内へ移動(他の生産モデルと同じに)

以上のような変更が見られ、これらは主に法規要件への適合を可能とするための変更と考えられるからです。

エンジンについては不明ながら、コンセプトモデルであったTTクラブスポーツ クワトロ スタディにはアウディS3に搭載された4気筒ガソリン直噴ターボエンジンの2リッターTFSIを改良したものが搭載され、S3では265psであった最高出力を300psまで高めていました。TTクラブスポーツ クワトロは「クラブスポーツ」と名付けられているだけに軽快な運動性能が与えられるでしょうから、生産型モデルにもこの2リッターTFSIユニットが搭載される可能性は高いように思います。

下記、autoblogのギャラリーで他の角度から捉えられた生産型と思われるTTクラブスポーツ クワトロと、2007年に登場したTTクラブスポーツ クワトロ スタディの写真を確認する事が出来ます。

Audi TT Clubsport Quattro - spy shots
Audi TT clubsport quattro concept

TTクラブスポーツ クワトロ スタディとは


2007年5月16~20日に南オーストリアにあるヴォルターゼー湖畔のライフニッツで開催された第26回ヴォルターゼーツアーにおいて世界初公開されたTTのコンセプトモデルです。

エクステリア&インテリア


アウディTTクラブスポーツ クワトロ スタディは、TTロードスターを純粋なドライビングマシンに仕立て上げたとされ、その開発テーマは「プレミアムレベルのスパルタンとは何か」であり、キャンバストップだけでなく、Aピラーさえも省かれ、通常のフロントウィンドーではなく天地の低いラップラウンド型ウィンドスクリーンが備えられました。また、TTロードスターにも備わっているロールオーバー・バーは、このモデルではフラット化され、バケットシート最上部と同じ高さとなるように設定されていた他、その後方にはロールバーからの繋がり感のある2個のコブ状のレーシングイメージを持つ造形となっていたのが特徴です。

他にも量産モデルではシングルフレーム グリルに一体化する事が多いフォーリングエンブレムが、TTクラブスポーツクワトロの場合ボンネット先端に装着されていたり、ドアハンドルが装着されずリモートコントロールによって開閉する方法をとっていました。ホイールは20インチとなり、組み合わされるタイヤは265/30R20の超ロープロファイルとなり、トレッドも80mm拡大されホイールアーチも大型化されています。

TTクラブスポーツ クワトロ スタディのボディカラーは、RS4とS8にも採用されていたデイトナグレー、グリルはガンメタリックにペイント、ブレーキ・キャリパーはオレンジとなっていました。インテリアはインストルメントカウル、アームレスト、バケットシートのシートバックはオレンジに、シートはTTクラブスポーツ専用にデザインされたTTロゴ入りのブラック レザーシートとし、明暗のコントラストが強い仕立てです。また、スポーツキャラクターやスパルタンを際立たせるべく、4点式フルハーネスの装着、運転席と助手席の双方にフットレストが用意されているのも、TT クラブスポーツ クワトロの性格を物語る特徴的な部分です。

オーディオなどのエンターテイメント装備も凝っており、TTの市販モデルでは3個の円形エアベントが並ぶダッシュボード上部に、TTクラブスポーツクワトロの場合はその中央の円形エレメントにバング&オルフセンの円をモチーフとするデザインが特徴なMP3プレーヤー、BeoSound2のインターフェースが埋め込まれ、TTクラブスポーツ クワトロの円形エレメントとあわせたデザインとなっています。

インテリアにはその他、アルミニウム製シフトレバーや、削り出しのアルミニウムのドアハンドルおよびドアオープナーが用いられ、スパルタンさを演出すると同時に豪華な造りとなっていました。スパルタンという基本コンセプトに基づいて時計やオドメーターを省略したというのは、仕立てやオーディオの豪華さに対して矛盾するようにも思いますが、クルマのキャラクター的にはそんなものはない方が合っているとも言えるでしょう。

メカニズム


エクステリア、インテリア以外にも見た目に配慮された部分はあり、その一つがエンジンルーム。ハーネスのヒドゥン処理によってさっぱりとクリーンな印象となっています。その一方で最近は装着される事が多くなったエンジンのカバーはあえて装着されておらず、その存在感をしっかりと示しているのが好印象です。

そこに搭載されるエンジンは先にも記述した通り2リッターTFSIエンジン。このアウディS3にも搭載された4気筒ガソリン直噴ターボエンジンは、S3の265psに対してインテークマニホールドの改良などによって300psのパワーを得ています。

走行面ではトランスミッションも一歩進み、デュアルクラッチのSトロニック と呼ばれる6速ギアボックスで、シフトチェンジはコンマ数秒単位で完了するとされいる他、TTモデルラインアップ上初めてのセラミックブレーキが採用されていました。

尚、日本市場への導入については未定となっています。

TTクラブスポーツ クワトロ スタディに関する情報元:アウディジャパン


スポンサーサイト


関連エントリ


関連エントリのリストを生成中





一つ古い記事:フェラーリ、新型V8モデル「カリフォルニア」を写真発表
一つ新しい記事:運転中にビールを飲んでた男、逮捕される【飲酒運転が危ない3つの理由】

最近のエントリ

2008年12月度の人気エントリ
スーパーカーの 0-200km/h加速タイム TOP25
光岡自動車から新モデル”卑弥呼”が登場:ベースはNCロードスターRHT
ルノー・セニックにリコール【ドアミラー調整スイッチに不具合】
セバスチャン・ローブがF1に転向!?
フェラーリ 50年ぶりのワンオフオーダーメイドモデル ”SP1”
出光・ガソリン卸価格5.3円引下げ
1,200円の「阪神高速ETC年末年始おでかけパス」購入で1日高速乗り放題
ARC・チタン製の三菱エンブレム先行予約受付開始
ルーテシア、ラグナ、アヴァンタイムにリコール【イグニッションコイル不良によりエンジン停止の恐れ】
HKSが富士スピードウェイでイベント開催
クリスマスまでMINI Hot Lounge 2008がオープン
ホンダF1撤退に対するBMWグループからのコメント
ホンダF1撤退発表後の関連情報
レクサスが雪上試乗会参加者を募集中
ランボルギーニ ディアブロ・クラッシュテストの動画
ポルシェ911 次期型GT3 RSのフルヌード画像
新型Eクラスの画像が流出!?
NC型ロードスター・マイナーチェンジモデルの説明動画
ホンダF1撤退に対するチーム首脳およびバトンのコメント
イギリスで360馬力のランサーエボリューションX・パトカーを配備
バットモービルがロンドンで駐車違反を犯す
トラックバック

http://newcarnewsblog.blog41.fc2.com/tb.php/130-6f47e210
トラックバックを送信頂く際は、送信元の記事から、この記事へのリンクが必要です。

«次のエントリ  | HOME |  前のエントリ»

.

.

.

.

ブログ内検索

更新情報の取得

■RSSリーダーに登録する■
 RSSフィード







■メールで更新をお知らせ■
 メールで更新情報を受ける

.

icon
.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。